奥村厚一の写真 奥村厚一(おくむらこういち)

1904-1974 日本画家/京都市出身


明治37年7月1日生まれ。晨鳥社の日本画家、西村五雲に師事。昭和21年「浄晨」が第2回日展で特選、政府買上げ。昭和23年福田豊四郎、山本丘人、秋野不矩、上村松篁らと創造美術を結成(現在、創画会)。昭和24年、京都市立芸大の前進である京都市立美術専門学校(昭和35年から京都市立芸術大学)昭和46年、嵯峨美術短期大学それぞれで教鞭を執る。昭和49年京都市立芸術大学名誉教授。主に風景画を得意とし、大きな作品はもとよりスケッチも味わい深い。伝統工芸や文化財的雰囲気のなかで育ちながらも、関心はもっぱら近隣の自然風物であり、幼少の頃から手製の画板を携え野山を駆けめぐり、ひたすら画家になることを夢みていたという。絵画で身をたてることへの周囲の無理解と反対は当然多かった中で、指導者としてふさわしい技量を身につけ、そういった立場になり絵描きを続けるならばと強く進言、励まし続けた祖母の心強い応援を後ろ盾に、恵まれた才能というよりも、努力と熱意で思いを通し、念願の絵描きとして、また指導者として一生を終えた。

●日展特選作品「浄晨」は現在、東京芸術大学美術館収蔵。
●「松蔭雨日」(絹本着色 額 137×199cm)「釈迦岳」他、京都市美術館ににスケッチ類等収蔵。
●生前、山と酒をこよなく愛した奥村が、とくに縁の深かった長野の日本酒蔵元 玉村本店が運営する信州志賀高原の
  「玉村本店内ギャラリー」にも作品が収蔵されている。(玉村本店のブログゆるぶる
●その他、在籍していた京都市立芸術大学および京都嵯峨芸術大学の資料館にも作品収蔵。
●個人作品集「奥村厚一 日本画と素描」(昭和63 京都書院・入手不可)
         「奥村厚一作品集」(平成11年 ギャラリー鉄斉堂刊)